au未来研究所

堀田裕介(写真左)/ Yusuke Hotta

料理開拓人 …料理で新しい出来事を開拓したり、人と人をつなげたりと食を通じた幅広い活動を行う。調理中の音をサンプリングしながら、曲と料理を一緒に作る「EATBEAT!」や、“食べ物で風景を作る”をコンセプトにしたケータリングとベーカリー&コーヒーショップ「foodscape!」を主宰。
EATBEAT!:http://eatbeat.jp/  foodscape!:http://food-scape.com/


山本雅也(写真右)/ Masaya Yamamoto

KitchHike共同代表 …2013年「世界中の食卓で料理を作る人と食べる人をつなぐプラットフォーム“KitchHike ” 」をリリース。現在、世界30ヶ国600以上のメニューを公開中。世界40ヶ国以上で現地の家を訪ねて食卓を囲むフィールドワークを重ねている。
KitchHike:https://kitchhike.com/  KitchHike Blog:http://blog.kitchhike.com/


「食」を広く捉え、新しい体験や人とのつながりを与えるツールとして活動されている堀田祐介さんと山本雅也さん。「食」の楽しさや可能性を知り尽くした二人に、「子どもと食」というテーマでお話しを伺いました。
(KitchHikeが入居している渋谷のシェアオフィス 「PoRTAL」にて。http://www.hituji.jp/portal/

食を通じた新しい体験を届けたい

「食」を、食べるだけの行為としてでなく、アートや芸術、人と人をつなげるツールとして捉え、世界に広げる活動をしている堀田さんと山本さん。それぞれの活動の方向性は違いますが、食が一つのコミュニケーションのきっかけとなり、それによって広がる世界の可能性は未知数だと教えてくれます。



—「食」を通じた活動をされているお二人ですが、それぞれ食に興味を持ったきっかけを教えてください。

堀田:料理人って、小さいときから料理上手の親の料理を食べていたという人多いんですが、僕は全く逆(笑)。「なんでこんなに魚を焼きすぎるんだ!」とよく親子ゲンカしていました。そして「だったら自分で作りなさい!」って言われて、そこから食に興味を持ったんです。外食産業の食の世界って、コストを下げる、売上をあげるということに重点を置いてしまいがち。最高の食材を使って美味しい食事を作りたいと思ってこの業界に入ったのに、矛盾しているなとレストランで働いている時に思ってしまって。もっと違うことに価値を置いた、まったく新しい体験を届けられる仕事をしたいと思って「EATBEAT!」や「foodscape!」などの活動を始めました。



山本:僕は10代半ばから、「どうしたら世の中はもっとよくなるだろう…」と結構真剣に考えていました。そんな時、ある本に「かつて、世界中のどの民族も、自分たちのテリトリーに知らない人が入り込んできた時は、争いを避けて絆を作るため、自分たちの家に招いて料理や酒をふるまっていた」と書いてあったんです。それを読んだときに、すごく具体的な方法だ、これはあるべきだ!と思った。もしこの、「家に招いてご飯を食べる」ということが、今の世の中でできたら、世界はもっと愉快になるし、人と人がいい形でつながって、お互いを理解して承認して尊敬し合える!と確信を持ちました。料理って人をつなげる力が絶対にあるんですよね。あと、僕、堀田さんの「EATBEAT!」にすごく興味があったんです。これを始めるきっかけはどんなことだったんですか?

堀田:「EATBEAT!」は、食べる(EAT)と音(BEAT)を掛け合わせたライブパフォーマンスなんですが、会場の真ん中に調理ブースとDJブースを向かい合わせに作って、お客さんに参加してもらうんです。最初は野菜スティックをみんなで一斉にかじります。会場に響き渡る「カリッ」という音を録音して、乾杯代わりにスタートする。親子連れの方が多いのですが、人参嫌いな子どもも、いい音を出したい、いい音がするから食べてみたいと思って食べられる子もいるくらいなんです。普段みている人参とは違うアプローチで食べてもらうことで、嫌いなものではなく新しいものに見えるという体験をしてもらいたくて思いついた活動です。

食べ物を育てて、生命の循環を体感する

—今回のテーマはまさに「子どもと食」。子どもが食に興味を持って、食の大切さに気づくためにはどんなことが必要だと思われますか?お二人の活動で、子どもに向けたものがあれば教えて下さい。

山本:KitchHikeでは、あるときからママさんHIKERが増えたんです。5、6組の親子が、東京に住む外国人COOKを訪ねてご飯を食べるという使い方をされていて、すごく面白いなと思いました。そのママさんたちに話を聞いてみると、いまの日本では海外の方と触れ合う機会があまりないけど、これなら異文化を体験させられると話してくれて。一方、受け入れ側でもお子さんがいる家は多くあって、最初はやってくる外国人に驚いている子どもも、回数を重ねるごとに自然と受け入れ態勢になります。小さいうちから海外の方と文化に触れる体験を重ねることで、国際感覚を養えて、海外に自然と目を向けられるようになるというように、教育という側面も持っているのかなと思っています。もっと言えば、子どもの頃から自分の家にまったく知らない人が上がり込んでくる、っていう体験をできるのは、なかなか刺激的じゃないですか。人に対して、世の中に対して、すごくオープンで寛容な子に育つ気がします。

堀田:僕は、大阪のある工業地域で「種から育てる子ども料理教室」を開催しています。これは、廃工場が多いエリアを使った新しい取り組み。アーティストを誘致してポートランドのように発展させてきた場所で、空いている土地を市民農園にしようという活動です。僕はここで地元の小学生たちに通ってもらって料理教室をやっています。もともと畑などない場所なので、子どもたちは土に触るのが汚い、と思っているんです。でも、実際に育てて、それを料理して食べることで、「土が命を育む」「自分も死んだら土に還る」というような、大きな生命の循環という意識が子どもたちの中にも芽生えていくんです。食べ物を作る過程に関わるというのは、とても大切だと実感させられます。

面白い体験。その先にある学び

—「子どもと食」ということでいうと、「食育」という考え方があります。食とは本来楽しいものなのに、「教育」となると途端に楽しいものではなくなるという印象があるのですが、お二人は「食育」ということについてどのようにお考えですか?

堀田:たしかに、いま食育という言葉を嫌がる親御さんは多いですね。食べるということを勉強みたいにさせたくないという思いだと思います。僕は、「食育」という言葉で縛ってしまうことが問題だと思っています。僕の活動は、大人も子どもも楽しく体験して、結果勉強になったね、ということがあります。体験自体が面白くて、その経験の次に学びがあるということが重要だと思っています。





山本:僕は、食育って大人にこそ必要だと思います。大人になってから食を学べる場所ってあまりないですよね。20代の若い層を含めて、勉強できる場所があればいいのになとは思います。食を学ぶということは、社会を学ぶことだと言えますよね。どうしてこの肉はこんなに安くて、こっちは高いんだろうとか。それって社会構造のあまり知られていない部分ですよね。今の世の中で、動物や植物が食べ物となって僕らの口に入るまでのプロセスって、本当に凄まじいですよ。それこそ大人が学ぶべきところなんじゃないかな。

堀田:それは本当に同感です!子どもに向けたワークショップをしていて、参加したいと言ってくださる大人がとても多いんですよ。こういうことなかなか学べないからって。あと大人が学ぶべきだという理由はもう一つあって、子どもは食べ物を自由に選べる環境にないんですよね。親が選んだものか、給食を食べている。給食に出てくるレバーが嫌いっていう子、すごく多いけど、大人になってから焼き鳥屋のレバー食べたら美味しくてびっくり!ってことありますよね。だったら先に美味しい方教えてよ、大人だけ美味しいもの食べててずるい!って思っちゃいますよね(笑)。もっと子どもの頃に味の幅、選択肢をいろいろ経験させてあげるべきで、そのためには、大人の知識がないといけないんですよね。

「楽しい体験の先に学びがある」それこそが、これからの子どもたちにとって大切な「食の学び」だと堀田さんは語ります。大人にも必要な「食の学び」。後篇では、食を通じたコミュニケーションの大切さ、さらに「食の未来」についてお話しを聞いていきます。【後篇へ続く】

インタビュー・後篇