MENU
BACK

プロダクト INFOJAR

auみらい研究所が虚構新聞の次世代炊飯器「INFOJAR」を本当に作ってみる

昨年2月、虚構新聞で「KDDI、次世代炊飯器「INFOJAR」を発表」(http://kyoko-np.net/2014012201.html)という記事が掲載されました。もちろんこれは“虚構”記事でしたが、「“スマホの次”を考える」をコンセプトにしたau未来研究所がこの記事に目を付け、編集部所属のFくん(文系)が、実際に開発に挑戦。製作中、コラムをau未来研究所サイトにて公開していきました。途中、挫折しそうになりながらもユカイ工学さんの助けを借りて、どうにか完成したのがこのプロダクトです。

FIrefox OSの基盤、市販の炊飯器、AQUOS PADなどを用意。 虚構新聞に書かれていた4つの機能を以下のとおりに実現していきました。

17インチフルHDタッチ液晶を搭載
使用したAQUOS PADのハードウェア仕様。
2ごはんを炊きながらyoutube視聴可能
AQUOS PADの基本的な機能により実現。
3スマホで炊飯予約
クラウドサービスGluinを通して、スマホとINFOJARを接続。スマホからの指令を受けて、サーボモータが稼働。炊飯ボタンを押す。
4twitterと連動。炊き上がりを
「ごはんなう」ツイートでお知らせ
炊き上がりは、炊飯ボタンのライトで検知。
FireFox OS上のアプリから、tweet。

スマホ側のWEBアプリの製作や、3Dプリンタを使っての液晶カバー製作などまで電子工作して完成。
「虚構新聞」からの応答もあり、最終的に「虚構新聞」社主UK氏へINFOJARを届け、炊きあがったご飯を食べてもらうまでに至りました。
大きな反響をいただき、プロダクトは「au Firefox OS Event」などで一般公開。「au WALLET Market」発表会でも紹介しました。
仕様などはau Firefox OS Portal Site「Creator Showcase」で公開中。(http://showcase.kddi.com/csc/works/view/43.html

ページトップに戻る