au未来研究所

ハッカソン

“スマホの次”の発明を目指し、2日間にわたって行われる研究開発イベントです。

  • ツイートする
  • Facebookで共有

au未来研究所 HACKATHON supported by engadget

au × Kashima Antlers

テーマ:「HACK THE CHEERING」
サッカーの新しい「応援」を発明しよう。

例えば、女性、子ども、高齢者が、
試合前に、試合中に、試合後に、
スタジアム内、または自宅で、仕事先で。
テクノロジーとの掛け合わせで、
サッカーの応援はまだまだ自由になるはずだ。

講師紹介

  • 小林茂
    情報科学芸術大学院
    大学教授
  • 松村礼央
    株式会社 karakuri products
    代表取締役
  • 青木俊介
    ユカイ工学代表
  • 野崎錬太郎
    Wander Wonder 代表
  • 矢崎飛鳥
    Engadget
    日本版 編集長

日時

【Day1】2017/1/28 (土)10:30~19:00   【Day2】2017/2/19(日)10:30~19:00

※両日とも終了後に懇親会有

場所

AOLプラットフォームズ オフィス内4F 東京都港区南青山2-27-25 オリックス南青山ビル
※開催場所は変更になる可能性がございます

内容

DAY 1
10:30〜12:30 説目、Konashiとは。12:30〜15:30 アイデアスケッチ。 15:30〜18:30 ハードウェアスケッチ。 18:00〜19:00 アイデア発表会。 19:00〜 懇親会
DAY 2
10:30〜12:30 試作機制作。12:30〜15:30 ブラッシュアップ。 15:30〜19:00 発表。 19:00〜 懇親会。

使用する技術基盤

konashi

konashiとは

日常生活の環境に沿った人体とコンピュータとの新しいインタラクションを探る。
そういったフィジカル・コンピューティングの概念にのっとった開発ツールキットがkonashiです。
コンピュータの入出力機能を外部に拡張する事ができ、スマートフォンと連携しやすいという特徴を持っています。

参加資格

上記2日(1/28、2/19)のハッカソン日程の両日に参加できる個人の方
※本イベントは様々な方にご参加いただくために、団体でのお申し込みは受け付けておりませんのでご注意ください。

当選者数

約35名

応募期間

2017/1/19(木)23時59分まで
※ご当選者の方には、事務局よりご連絡いたします

応募受付は終了致しました